会理念

私たちは、下山地域の自然を愛し豊田市生まれの郷土種”ミネアサヒ”特別栽培米(栽培期間中 農薬・化学肥料不使用)の圃場拡大と共に自然(生物多様性)との共生を主としております。

結果としてコミュニティービジネスによる地域の活性化を視野に情報発信するとともに、過去6年間に培ってきた栽培技術を後継者に伝承して行く。

豊田市下山地区は、山の湧水が豊富でおいしい水・新鮮な空気・山の幸も多いところです。

 私たちは、そんな下山で、みなさんに安心して食べてもらえるお米を、徹底したこだわり(山の湧水を直接田んぼに入れて、生活用水の混入しない圃場での栽培)を持って米づくりをしています。

設立の経緯 そして今

2010年郷土種ミネアサヒのポテンシャルを高めようと言う気運が高まり・・「うちのアトピーの孫に、安心・安全のお米を食べさせたい」(牧野さん)の一言から始まりました。

2012年この会に賛同するこだわりを持つ方々(こだわり人)が集まり、「香恋の田んぼ米の会」と命名し会を結成

会員の栽培技術統一のため、実証田により培った環境保全型農法栽培技術(栽培暦)を確立。新規会員のための手引きを発行

2012年販売先の開拓開始。(豊田・名古屋など)

2014年お客様のご要望により、地元観光拠点”しもやまの里”にも販売先を拡大。

2015年 30a圃場拡大を会として合意。(トータル栽培面積0.88ha)

2015年現在購入できるお店:生協宅配事業部・名古屋中日ビル「アンテナショップピピッとあいち」・地元しもやまの里・しもやま里山協議会、香恋の田んぼ米の会HP販売など)